介護のストレスも横浜の心療内科で相談したい

家族の介護をする毎日は、会社で働くのと大差ないほど多くのストレスに取り囲まれてしまうものだと、在宅介護をしている人の多くが実感しているのではないでしょうか。
それもそのはず、介護を担当しているのは介護が必要な人とそう変わりない年齢の高齢の配偶者であったり、離職を余儀なくされ、介護をすることになったものの、親がいなくなったとき、自分は果たして職が見つかるだろうかと不安に感じている介護離職の子ども世代だからです。
介護世代と呼ばれる年代は40代や50代がもっとも多く、この年代は自分自身も体調に変化が訪れやすい時期です。
そこへ介護による身体的、精神的負担が重なってきますので、体調を崩してしまいがちです。
高齢の配偶者の場合も同様で、介護負担は年を取った体に容赦なく襲いかかってきます。
身体的負担も大きいのですが、それに負けず劣らず大きいのが精神的負担です。
もしかするとストレスという名の負担の方が大きく、それが体に変調をきたしているのかもしれません。
そんな状態は介護うつという状態を招きますので、横浜にある心療内科では介護に明け暮れる世代の悩みも、ぜひ打ち明けてみるといいのではないでしょうか。
きっと何か心が軽くなる方法が見つかるはずです。
http://fukuromental-cl.jp/