月経前症候群との付き合い方

女性なら誰でも経験することがある月経前症候群(PMS)です。
個人差はありますが月経が始まる3日~10日前ごろから決まって始まるさまざまな症状です。
その症状は様々です。
落ち込んだり、イライラ、不安感、無気力、集中力の低下、お腹の張り、腹痛、便秘、乳房痛、などがあります。
月経が始まると自然に治まったり、軽くなったりする人もいますが、ひどくて会社を休む人もいます。
月経のある女性の多くは月経前症候群(PMS)を経験し、毎月同じような症状を経験する人は3割~8割といわれています。
毎月この症状に悩まされるのですが、原因は女性ホルモンが関わると考えられていますが、はっきりとしていません。
しかし、緩和、改善する方法はいくつかあります。
一つは食事です。
亜鉛、ビタミンB6、ビタミンE、マグネシウムを意識をして取り入れるようにしましょう。
食事で摂取が難しければ、サプリメントを利用するのも良いです。
そのように気をつけていてもなかなか難しいものです。
このようなときは漢方は有効な手段です。
漢方は昔から女性の味方です。
昔からこのような症状で悩む女性たちを助けていたのです。
漢方の考え方で、気・血・水というものがあります。
月経前症候群はこれらのバランスが乱れている状態です。
問診、腹診、脈診などの結果をもとに処方されます。
これらの解消術で月経前の過ごし方を工夫すると良いでしょう。このホームページにも情報があります