独自の物流で食品流通の改革を目指す企業

旧来の食品流通はどうしても卸売業者をはじめ、様々な中間業者の力が無ければスムーズな運搬や配達が出来ないという現状がありました。
そのため、生産者から消費者の間に商品が渡るまで、なんと平均7社という多さの中間業者が介在していたのです。
中間業社が介在することによってのメリットはありますが、デメリットとして流通スピードの低下や鮮度が落ちることによる品質の低下、さらに価格や生産者の手取りにそのコストが反映されてしまうという問題点が発生していたのです。

そのため、株式会社いずみホールディングスでは中間業者による流通時間やコストが無為に増えることを取り除き、その結果、品質の向上やコストの削減、さらには鮮度が保たれた状態で消費者に商品を届けることを目標としています。

株式会社いずみホールディングスは全国600箇所の生産者や仕入れ先から直接仕入れを行い、独自の物流において卸売市場全国70箇所や10,000店舗の飲食店、量販店に直接販売を行なっています。
こうした自前の物流は中間業社の存在をカットして商品提供のスピードを実現させるのです。
そうすることによって生産者の手取りが増加するメリットも発生するのです。

さらに詳しくはこちらから