東京の松原クリニックはオルソケラトロジーの第一人者

東京池袋の松原眼科クリニックは、オルソケラトロジー治療の第一人者です。
この治療は、メガネ、コンタクト、レーザー治療に続く第4の視力の矯正方法として着目されています。
ここで、視力矯正の仕組みについて知るためにはまずは近視がどうして起こるかを知っておく必要があります。
近視では、角膜の屈折率の関係で光の焦点が近い位置にできてしまって像のピントが合いにくくなっています。
ですから、角膜の屈折率を調整することで見えやすくします。
そのために使われるのがメガネやコンタクトレンズです。
またレーシックのようなレーザー治療では、外科的な処置をもって角膜の形や厚みを変えて屈折率を根本的に変え、物がよく見えるようにしています。
日本に導入された当初より松原眼科クリニックが取り組んでいるオルソケラトロジーでは、角膜の柔軟性を利用して屈折率を調節します。
ひとりひとりの角膜の形に適したコンタクトレンズが処方され、それを就寝時に装着するのがオルソの治療の概要です。
オルソ用のコンタクトは中央部分が特殊な形状をしていて、つけると角膜の表面が引っ張られて形が変わるようになっています。
角膜の形が変わると屈折率も調整されて、起きた時には近視が改善されているというのがオルソケラトロジーのメカニズムです。
専用のコンタクトをつけている時間が長ければ、個人差はありますが角膜の形と屈折率の持続時間も長くなって裸眼で生活できるケースもあります。http://orthokeratology.mieru-mieru.com/